恐怖のインフルエンザの季節がやってきた2 Innovation can solve Influenza?

f:id:naoon5031:20190114185037j:plain

(English follows)

 

私は大学でイノベーションを勉強してるので、最近の流行、Artificail Intelligence (AI)と絡めて考えてみました。

インフルエンザって、毎年流行の型が代わり、なおかつそれも予測されているのでAIを適用する発想はやはりもうたくさんの人が持っていて、Web検索でもいくつか出てきた。大まかにまとめると、

一つは、流行のエリアと時期を予測すること。

もう一つは、ワクチンを流行の型に合わせて改良すること。

3つめは、ワクチンが効く人と効かない人の判断をすること。

 

AIとインフルエンザについての多くの記事のうちの一つがこれ:

 

www.prescouter.com

 

についてはすでにWebTwitterCDCのレポートデータを使って予測するプロジェクトが公表されていた。専門家向けのようなので、難しいですが、シェアしておきます。コメントありましたらぜひお願いします!

Prediction of influenza-like illness based on the improved artificial tree algorithm and artificial neural network | Scientific Reports

については、おそらくAIっていらないのではないかと、、、思います。というのも現行のワクチン製造システムでは一年に一度、予測したワクチンを大量生産するシステムだからです。オーダーメイドワクチン製造システムならば、AIは必要ですね。

 

は私のお気に入りアイデアAIを使ってワクチンが効きやすい人、効きにくい人を判別しようというもの。

 

AIがインフルエンザに貢献する日はもうすぐですね!

 

 

Since I’m studying Innovation, I thought of relationship between Influenza and Artificial Intelligence (AI). There have been already many thought I can find in internet. One of these ideas is this link:

 

www.prescouter.com

 

One is prediction of the area and the number of patients❶. Second is implementing vaccine to follow the trend of virus❷. Third is finding the biomarker of patients vaccine effectively works❸.

❶I found one project using machine learning with twitter and CDC reports. It was for a specialist so please give me comments if you have some more information.

Prediction of influenza-like illness based on the improved artificial tree algorithm and artificial neural network | Scientific Reports

❷Honestly speaking, I don’t think it is unnecessary to apply AI to this idea because of current system of vaccine production. Vaccine is produced once in a season and distributed. However, if the production became order-made, it can be a promising area for AI. 

 

❸The idea is very interesting. Some patients don’t suffered from Influenza and some do even though they had vaccination. So, it is reasonable to think there must be several biomarkers. Biomarker is a feature of our body, such as gender, age, having specific immune subjects etc…

 

In conclusion, AI application to Influenza prevention will come soon!

恐怖のインフルエンザの季節がやってきた1 Flu season... what type of antiviral medicine would you choose?

f:id:naoon5031:20190107224534j:plain

English follows later. 


12月から勢いをましているインフルエンザ。さて皆さんはどのような対策を取られているでしょうか?

ワクチン接種、加湿、マスク、などなど。

人によって対策は色々だと思います。

なお、私は、"寝る"です。

 

ウイルスが多少入ってきても揺るがないくらいに免疫を強化しておくのです!!

 

まあ、普通の方には大変かなと思います。とはいえ、この方法で私は無事この冬を越しました。研修医の頃は深夜の外来をして、見事にウイルスをいただいたこともありましたが。。。


前置きが長くなりましたが、ちゃんと予防しようとしていると、インフルエンザに罹る可能性はやはり減るわけで、いざ罹ってしまった時にどうしよう、、、ということもないのですが、多忙でそんな余裕のない人こそ罹ってしまうのがインフルエンザです。

 

そんな方のために、今日はとっても簡単に、インフルエンザの薬を紹介しようと思います。

 

まず、これです。今年の新薬。

ゾフルーザです。

answers.ten-navi.com

 

タミフル以来の内服薬。タミフルとは違い、一回内服で終了します。
でも、値段はほとんど同じです。

内服なので、嘔吐している方には向きません。

他には吸入薬のイナビル。

これも初日にまとめて2吸入するだけで終わります。

個人的には一番短時間で吸入できるかなと思いますが、

時々咳き込んでしまったりすることもあるみたいです。

なお、イナビルは海外では入手が現在のところ難しいよう。

 

点滴のラピアクタ

約15分くらいの点滴で終わります。

早く効果を出したい場合に良いと言われていますが、どの程度早くなるかはわかっていません。15分では痛い思いをして点滴するのに勿体無い(笑)ので、時々500mlの点滴を加えたりしています。

 


ゾフルーザは、12才以上という年齢制限付きです。

 

いうまでもありませんが、薬は、熱を下げるためのものではなくて、体の免疫力に加えてウイルスの活動を抑制して体をアシストするためのもの。

 

万能薬ではないのです。昔はこんな薬なくて、みんな自力で直していました。

だから、薬ばかりに期待せず、ちゃんと休んで直してくださいね。

 

Influenza infection has been growing since December.

Well, what kind of counter-measures do you take?

 

Vaccination, humidification, wearing mask, etc.

 

For me, most effective way is "sleeping" which will strengthen my immunity to the extent that it can fight virus!

Thanks to this measure, I have successfully passed through viral infection this winter. When I was a resident physician on ER overnight work, and had a virus. . .

 

By the way, if you are trying to prevent it properly, the possibility of getting influenza will also decrease. It is irony that people who are too busy to prevent it will tend to suffer from it. For those of you, today I'd like to introduce influenza medication very easily.

 

 

First of all, I’ll introduce this year's new medicine.

It is Xofluza.

https://www.healthline.com/health-news/what-to-know-about-the-new-japanese-flu-medication-approved-by-the-fda

 

It is pill. Unlike Tamiflu, it ends in one dose. But the price is almost the same. Because it is pill to intake, it is not suitable for those who are vomiting.

 

 

Another type of medicine inarvir, inhalants. This will also end with only 2 inhalation. I think that I can get in the shortest time.

It seems that Innavil is currently difficult to get your hands in Europe and North America.

Relenza is common in the U.S. (2 inhalation daily)

 

 

Infusion Rapiacta.

 

It will end with an intravenous drip of about 15 minutes.

If you expect effects quickly, it can be a good option but it has not been proved how fast it will be. I feel painful at 15 minutes and it is unusual for intravenous drip (lol), so I sometimes add 500 ml of saline to improve dehydration.

 

 

Zofluza has age restrictions of 12 years or older.

 

Needless to say, drugs are not for lowering the fever but for helping the body by suppressing the activity of the virus in addition to the immunity of the body. So, earlier treatment is better, normally within 48 hours.

 

 

 

There was no such good medicines in 30 years ago, everyone just waited flu symptom pass away.

Therefore, please do not expect only with medicine, having rest and hydration will definitely give you prospect.

 

If you want to know more about anti-influenza drugs, you may visit here:

https://www.webmd.com/cold-and-flu/news/20181127/flu-treatments-whats-new-and-whats-for-you

 

 

<Figures>

9-36 million——people who suffer from Influenza annually in the U.S.

65,000 ——people who die due to influenza infection in the world

 

 

エッセイ:童顔とほうれい線 Essay: A doctor with baby face and her concerns with nasolabial folds

前回、童顔で機内で医療活動ができなかった件を書いたらなんだか反響が大きかったので、私の童顔について笑い話を一つ。

私が外科医になったのは、33才の時でした。
総合内科医として活動してきた5年間を生かして内科もできる病棟医として生きていました。
少しずつ手技を覚えていって、さて担当患者さんが手術、と言う時、そして末期癌の患者さんに終末期緩和治療をするとき、癌の告知をするとき。

全て付いて回ってきたのがこの"顔"です。
内科の時に若作りを自慢に思ってきたのに、
その顔であんなに辛い思いをするとは思いませんでした。
患者さんに挨拶をすると必ず言われるのが、
「先生は若いですね」
「先生は若いからわからないかもしれないけど。。。」
と言うお言葉。

しばらくすると病棟での働きっぷりをみて、認めてくれるようになるのですが、そんな時間は取れないこともあるのが外科です。

綺麗に告知用紙を書いても、
どんなに丁寧に説明しても、
全ての質問に完璧に答えたとしても、
患者さんの初対面の思い込みは変えるのがとても難しい、
そう感じました。

そして私が考えたのが、
「ほうれい線」を描くこと
でした。

描きはじめると、おお、すごい効果!

変に疑ったりされなくなったので
病棟をまわって患者さんに説明する時間が大幅に減りました。
そして告知の時も、患者さんの受け入れがスムーズ。。。

なんでもっと早く気づかなかったんだろう。。。⤵️⤵️⤵️
そんなことで。。。あああああ。

。。。。。

半年くらい続けた頃でしょうか。

ある日、化粧をするのを忘れました。当直明けだったんですね。
でも全く問題なしでした。
その頃には簡単な手術は自分でできるようになっていました。

一体あれはなんだったのか、いまだに不思議な経験ですが、
きっと自信のなさが行動や話し方のどこかに現れていたんでしょうね。

しかしそれがほうれい線で一発解決してしまったのもおかしな話です。しかしこの経験のおかげで、人より早くに経験を積んで、どんな質問にも答えられるように目一杯勉強したのも事実ですね😀

エッセイ: 恐怖のインフルエンザの季節がやってきた / Essay: Deadly busy winter season embarrassed me on medical records.

今年の冬は12月29, 20, 31日と3日連続で同じ病院で内科外来でした。

アメリカで学生をやっていますが日本でもアルバイトしていたのです。

以前ほうれい線のことを書いた時、なんだか反響が大きくて驚いたので、今回も少しだけ暴露話を書いてみようと思います。

************************************************************************************************************

今年の冬も、例年と同じくインフルエンザと急性胃腸炎のオンパレード。紙カルテだったので腱鞘炎になりそうだった。

 

私はもともとみんなが褒める達筆(と自負している)が、外来をやっていると、途端に字がとんでもなく汚くなってくる。ひどくなると自分で何を書いたのか、わからない。。。

 

内科のレジデントだった15年前、まだ電子カルテの導入もなく、紙カルテで必死に外来をしていた頃、初めて上司に、「お前、字、きたね〜なー」と言われた日のショックを今でも忘れない。

 

なので、あの日を繰り返さないべく、書き方も書く内容も工夫する。特に病名。"急性上気道炎"なんて書いてたら、性とか炎の字は潰れて読めない。これだと医療事務が困るので、短縮して"感冒"、それさえも自信がなくなるとひらがなで"かぜ"と書く。だけど、それはあまりにも怠惰と自分で思う。

 

カルテの中身でさえも、医師は聞いたことの半分くらいしかカルテに書かない(書けない)。英語の方がサラサラと病名をかけることも多いが、それは今はカルテ開示という恐怖の儀式の可能性があるため許されない。恐怖といっても診療内容ではなく、字の汚さを指摘される方が恐怖だ。これは自分でもキチガイかなあと思う笑。

 

電子カルテになって、この問題は解決されたのだろうか?

最近はすでに風邪のフォーマットが出来上がっている病院も多く、コピーアンドペーストを習得すれば、あとは数クリックで処方箋発行、病名付けまでできるところも多いが、相変わらずまだクリック数が多いなと思う。

 

感冒の場合、患者さんが話した内容は半分くらいしかカルテには記載されない。昨日は嫌なことがあったので、とか、誕生会で飲みすぎた、とかは風邪にはあんまり関係ない。ましてや職業まで聞き取る必要は大抵の場合必要ない。というわけであまりに患者間での代わり映えがしないため、あとでカルテをみた時に、一番わからなくなるのは実は電子カルテなのである。

 

実は字の汚さとか、カルテのこのあたりに書いたな、とかは診療後数時間は割と覚えてるもので、あとちょっとヒントがあれば、患者さんの顔も何とか思い出せることも多い。なのでやっぱり紙カルテも捨てがたい。

 

本当にとっととロボットを導入したいものである。

I worked at the outpatient section in the clinic for continuous 3 days Dec 29-31 this year. Lots of patients with flu and acute gastroenteritis came to my room like a big wave. My arm was almost dead...

The article on FB about my faceline become really popular so I am writing about my strange feeling about medical record. 

*******************************************************************************************************

My Japanese writing is, I would say, relatively good.  However, on the outpatient care, it turns out to be as bad as it can not to be even read by myself. 

 

I don't forget the moment when I was very disappointed when I was told by my senior that my writing had been very bad!!! So, I am always very cautious about keeping my tiny pride. 

Japnese doctors need to write down the name of the disease after seeing patients for health insurance. When I saw a patient with cold, I don't write "acute upper reapiratory disease" or "viral infection" because it's too long and it sometimes become different language when writing quickly. But, still I feel me as lazy and guilty when I write "cold."

 

Japanese doctors has never enough time to write down what patients said in the room. I tried to write in English and it is easy for me to wirte the record but I found it dose not fit because there is a condition that requires doctors wirte the records easy to understand for patients. Actually, I am scared of my medical record to be open for patient not because of the treatment but my dirty wiriting. I think it is very strange, 
I recognise it. 


Electric medical record system have not changed duration that need for seeing patients. So, doctors uses template for "cold." With templates, the record has no uniquness so it sometimes become hard to remind of how patients were. It is irony that I can remind of patients' faces, diseases, smells, wears when I saw my bad writing even it is after a few hours later. I really hope to introduce a new robot to record everything happend in the outpatient room.

あのCRISPRが遺伝子ベイビー誕生を後押し。。。そして世界はカズオ・イシグロの世界に!?

以前ご紹介したCRISPR。覚えてますか?
ヨーグルトのサーモフィルス菌から発見されたCRISPRです。

breastandthyroid.hatenablog.com

ブログでは今後ワクチン開発に使われるでしょう、と書いたのですが、なんと中国で遺伝子ベイビーを作成することに使われたそうで。
CRISPRを開発したアメリカの研究者は激怒しているそう。
その記事がこれ↓

www.technologyreview.jpそれに対しての中国側からの反論がこれ↓

www.technologyreview.jp

サーモフィルス菌もまさかこんなことになっているとは想像しなかったでしょうよ。。。

アメリカの言い分とすると、HIVに耐性となる子供を生み出すと、今度はウエストナイルウイルスへの耐性がなくなる、また他にどんな影響が出てくるのかわからない。。。と。だから人類へ影響するこういうことはもっと大人数での合意があって実現されるべきだ。
(ま、育った子供たちが今後子供を産んで行ったら大問題になるもんね)

で、中国側からすると、俺たち今めっちゃ大問題のHIVに対する解決提案をしたんだから英雄でしょ、という。。
国際連合エイズ合同計画 によると2020年までにHIVへの必要投資はUSD26Bに登るそうで、2017年には94万人がAIDSでなくなっており、180万人がAIDS新しくAIDSになっているのだそう)

 

ま、そんな論議になってるみたいです。

でも、

でも、

でもね。

 

なんか、その、
机上での議論てゆーか、





男目線の非リアリスティックな議論だよね??
じゃああんたたち、子供、育てんのか?

どうせ研究室にこもって奥さんに子育て任せっきりなんじゃないの?

 

こうして育った子供を育てるのは一体だれ?

それは、、、お母さんです。そしてお父さんです。

 

 

あなたはその子の父親になりたいと思うのかしら。。。

 

 

私はこの話からカズオ・イシグロの『私を離さないで』を思い出してしまいました。

わたしを離さないで - Wikipedia

主人公たちは遺伝子ベイビーではなくクローンですが、人間の臓器提供の為に生まれてきたのね。でも彼らはその目的を大人になるまで知らされないのです。彼らは思考を持っており、精神性も非常に高い。大人になりそれを知ってから、非常に困惑し非行に走ったり性的欲求に走ったりしてしまう。そして最終的には3-4回の手術を経て死んでしまうわけです。わずか30数年で。
彼らを育ててるのは保護施設の先生たちですが、それを見ている先生たちは非常に辛いわけです。だから先生たちは彼らに芸術を教えて絶えず寄付金をもらい施設の拡充を測りながら精一杯生きなさいと教えるのです。


人間の一生ももっと長いけど、一人一人がミッションを持って生まれてきている。
CRISPRのミッションを役立てるとしたら、それはまだ、薬で直せる病気ではないと私は考えます。先天性の遺伝子疾患にどうしてこの中国の研究者たちがフォーカスを当てなかったのか。

"money"にフォーカスしすぎて世論をミスしてしまった感がありますね。。。





プールの中の○○を、あなたは気にしたことがありますか?

暑くなってきましたね。

今度、クアラルンプールに行きます。

東南アジアはどんなに安くてもプールのついたホテルが多いですが、

そんなプールのお話です。

edition.cnn.com

 A not-so-sweet...というのは、人工甘味料のお話だからです。

プールと人工甘味料? どういうこと?

て思いますよね。

 

実はプールの中の人工甘味料の濃度を調べることで、とあることがわかるんです。

あ!と思ったアナタ。とてもいい勘してます。

でもこれは知ってましたか?

 

カナダの研究者たちが、人間の尿に一定量人工甘味料が含まれていることを利用して、プール中にどれくらいの尿が混入しているかを調べた結果、

アメリカとカナダのプール22万ガロン中に20ガロン、幅10mの25mプールに約7ガロン(31リットル)の尿が含まれていることがわかった。

 

最近はどんな食事にも大抵人工甘味料が含まれていることを利用して行った実験の結果、とんでもないことがわかってしまいました。

 

実は、プールに混入した尿は直接測定することが難しいのです。

消毒用の塩素と科学反応して、トリクロロメタンに変化してしまうからです。

 

しかもこの物質は目に入ると痛いし、空気中に蒸発して喘息を引き起こすこともあるとか。

ひえー😰

 

みなさん、プールに入る前にはしっかりトイレに行って、ウォシュレットしたり、消毒用プールに入ったりすることを怠りなく!

こんな可愛い子供たちを笑顔で見ていられなくなりますよー‼︎

f:id:naoon5031:20170508062552j:plain

 ちなみに、私、おかぴーが小さい頃、なかなか泳げるようになれなくて、

水をがぼがぼ飲んでしまっていたことはヒミツ㊙️です。

泳ぐ練習はちゃーんと水質管理されたプールでしよう(て、当たり前だがや)

 

来週16日はまたもやオンラインセミナーをやりますよー。
マレーシアから!
マレーシアについての質問も受け付けますので、どうぞ参加してくださいね!
お昼の部と夜の部の二回放送予定です。

ロケットをより優しく着陸させることで、宇宙旅行を低コスト化

今日はお休みでもあり、かなり医学からかけ離れたことを。

最近宇宙科学者ホーキング氏が、1000年以内に地球の環境が劣悪化して人類が住めなくなる、という声明を出したというニュースが報じられた。

これ↓

www.washingtonpost.com

 

いよいよ、なんとなく、映画の地球崩壊の時期が迫っていることを感じるが、なんせ1000年後。

 

こんな時にこんなニュースが。

edition.cnn.com

イーロンマスクの運営するスペースX。彼はロケットをフロリダ沖に無事着陸させ、その部品をブースターとして再利用してまた別のロケットを飛ばすことに成功したという。

f:id:naoon5031:20170506170045p:plain

どれだ、スペースXは?
て思ったあなた、スペースXは会社の名前ね。

これによって、ロケット打ち上げにかかる費用は大幅にへり、

ご存知の方はいると思うが、彼の夢である”火星への移住”での大きな問題である、

コスト面の問題が解決される兆しが見えた。

 

 

宇宙旅行での身体的影響はかなり大きく、

無重力による身体機能の低下に加え、放射線の影響は著しく、

皮膚障害やガンよりも、心筋梗塞などの血管疾患を起こすことが問題となっている。

これをどう解決していくかも今後の課題だろう。

 

 

100年後には教科書に”宇宙医学”の項目が大きなページ数で掲載されているのでしょう。

でも、相変わらず、医学生の勉強は大変すぎてヒーヒー言ってるのだろうな、とも思う。もう戻りたくない、あの時代。笑